【新型コロナ】工場休憩室での感染予防と対策

みなさん、こんにちは!

北陸(石川・富山・福井)を中心に東海滋賀などで軽作業系など、工場への人材サービスを展開する派遣会社エー・オー・シーの人材開発室です。

いまだ新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着かない状況が続いていますね。

今回は工場の休憩スペースにおける感染予防対策についてお伝えします。

工場のお仕事では休憩時間を一斉に取るところが多かったのですが、コロナ以降は休憩室が密にならないように、部署や班によって別々の休憩時間が設定されるところが増えました。

感染予防対策は会社ごとの取り決めもありますが、一般的には現在以下のようなルールが設けられてるところが多いです。

  • 共有するテーブル、椅子などは、定期的に消毒する。
  • 休憩室の入退室前後の手洗いを徹底する。
  • 社員食堂での感染防止のため、座席数を減らす。
  • 対面で座らないように配慮する。
  • 食事後、会話する際はマスクを着用する。
  • 喫煙を含め、休憩室では一定数以上が同時に休憩スペースに入らな
    いよう、休憩スペースの追設や休憩時間をずらすなどの工夫を行う。

作業環境での換気や消毒はもちろんのこと、特に休憩室については、スペースの確保や、換気を行うなど、3つの密を防ぐように努めています。

また個人でも日常生活で感染しない・させないという健康管理意識も重要です。

大きい工場では特にクラスターなどが発生した場合の濃厚接触者も多くなる可能性が高く、徹底した予防・対策がとられています。

以上で「工場の休憩スペースのコロナウイルス感染予防対策」をお届けしました。

皆様のお役に立てたらうれしい限りです。

ぜひ、引き続きよろしくお願いします。

お仕事探しはお仕事カバーまで↓↓
https://www.aocjob.com/


お電話での受付は↓↓お間違いないようにおかけください。
0120-43-9239

24時間受付中のWeb応募も便利です↓↓ https://www.aocjob.com/entryform.php