2019年10月消費税10%スタート!抑えておきたいポイント4つ!

明けましておめでとうございます!

AOC人材開発室です(^^)

本年もエー・オー・シーをよろしくお願いいたします!

 

ついに今年10月から消費税10%がスタートしますね!

増税に備えておきたいポイントをさくっと解説していきます。

 

 

1.軽減税率制度

まず抑えておきたいが、消費税率の引き上げに伴い2019年10月から新たに導入される軽減税率制度です。

標準税率の10%に対して、軽減税率は8%となります。

軽減税率の対象となるものは以下のようなものがあります。

「酒類・外食を除く飲食料品」及び「週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)」を対象に消費税の軽減税率制度が実施されます。

参照元:国税庁ホームページ

 

飲食料品ではお酒と外食以外が8%!だと分かりやすいのですが、意外なところでいうと「みりん」は、アルコール分一度以上なので標準税率10%、「みりん風調味料」は、アルコール分一度未満なので軽減税率8%、というふうに酒類に該当するかどうかは、アルコール分一度以上であるかどうかでの判断となります。

また、コンビニなどで買う新聞は、定期契約を結んでいるわけではないので、軽減税率が適用されず10%となります。

私達がスマホで見るようなインターネットを通じて配信されている電子版の新聞も10%となります。

 

 

2.外食は10%テイクアウトは8%

コンビニ弁当やピザのテイクアウト、出前は8%のままとなりますが、同じものを店内で食べると外食に該当し10%となります。

例えば、ハンバーガーショップのレジで「店内で食べます」と言えば消費税率10%「持ち帰ります」と言えば消費税率8%になります。

この辺は非常にややこしいところです・・・

ミネラルウオーターは飲料なので8%、家庭の水道水のように飲食と生活どちらにも使うものや、ドライアイスのように飲食には使わないものは10%。

スーパーで飲食料品とともにペットフードを販売していることも多いですが、消費税の軽減税率の対象となるのは人の飲食用商品の為、ペットフードは10%となります。

 

3.税率8%に添え置きの商品は?

9月末までに料金を支払えば、利用するのが10月以降でも8%になるものもあります。
電車、バス、飛行機などの旅客運賃や映画、音楽、美術館、遊園地などの入場料金もそれに該当します。

 

 

4.政府が掲げている消費増税対策案

消費税を10%に増税したら、国民の購買意欲は薄れ国の経済が回らなくなってしまいます。
そのため、政府は、以下のような消費増税対策案を用意しています。

①中小小売業に限り、2%のポイント還元セールを行わせ、国が財政支援をする
②自動車の保有や住宅購入・改修に関する減税等の拡充
③幼児教育・保育の無償化
④飲食料品などの税率を8%に添え置き
⑤国土強靭化などの公共投資による需要喚起

住宅の場合には、契約から引き渡しまでかなりの期間があるため、19年3月末までに建築請負契約を結んでおけば、引き渡しが10月以降になっても税率は8%のまま据え置きとなる、経過措置の適用が見込まれます。

住宅購入をお考えの方は住まい給付金を利用しましょう。

 

そもそも消費税増税の目的は?

少子高齢化が進んでいる日本では医療・年金・護などの重要な問題があります。

少子化対策、子育て支援といった増加する社会保障のための予算とされています。

 

最後に

家計の負担を減らすには細かい知識も要求されそうですね。

とはいえ増税に踊らされて駆け込み消費することは、時に無駄遣いとなることがあります。

前回の増税前と同様に直前セールも期待できますが、2%を計算してみれば、たいした差ではない場合も・・・

それよりも今必要でないものは買わない、大きな買い物は近いうちに確実に必要となるものだけを買う!

と心掛け、家計にやさしい消費生活を目指しましょう。

 

以上で、「2019年10月消費税10%スタート!抑えておきたいポイント4つ」についてお伝えさせて頂きました。
皆様のお役に立てたらうれしい限りです。
ぜひ、引き続きよろしくお願いします。
お仕事探しお仕事カバーまで↓↓
https://www.aocjob.com/
毎日1000件近いお仕事で皆様からのご応募をお待ちしております。
お電話での受付は↓↓お間違いないようにおかけください。
0120-43-9239
24時間受付中のWeb応募も便利です↓↓
https://www.aocjob.com/entryform.php