「消毒」と「除菌」の違いとは?!

こんにちは!人材開発室です。

一人ひとりのコロナウィルス予防意識が高まる今、消毒用アルコールやハンドジェルは日常生活に欠かせないものとなってきています。薬局の売り場には 「消毒」 「除菌」「殺菌」といった様々な記載がされた商品が並び、一体どれを選んだら良いのか悩んでしまいますよね。

そこで今回はそれぞれの言葉にどういった違いがあるのか説明していきます。

「消毒」とは

人体に有害な 菌やウイルスを除去、または無害化すること

消毒の目的はあくまで「無毒化」で、必ずしも細菌を死滅させていなくとも、病原体の感染力を不活性化させたり、病原体を危険ではない程度まで遠ざけ無害化できていれば「消毒」とされます。

市販の消毒薬のように、薬物での消毒以外に、煮沸消毒や日光消毒などもそれにあたります。

アルコール消毒液

コロナウイルス予防策として手洗いがすぐにできない状況では、アルコール消毒液が使用されます。アルコールは、ウイルスの「膜」を壊すことで無毒化するものです。
<使用方法>濃度70%以上95%以下のエタノールを用いて、よくすりこみます。
※ 70%以上のエタノールが入手困難な場合には、60%台のエタノールを使用した消毒も差し支えありません。

新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について(厚生労働省・経済産業省・消費者庁特設ページ)

「除菌」 とは

除菌とは菌やウイルスの数を減らすこと

菌を殺すよりも、取り除くことを意味するのが「除菌」です。 菌を殺さなくても、例えば塗布した面から菌を減らせればOKで、どの程度菌を減らすかについても定義はありません。

殺菌」とは

殺菌とは細菌やウイルスを 死滅させること

ただし、死滅させる菌の種類や量に明確な定義はありません。例えば90%の菌が残ってしまっていても10%の菌が殺せていれば「殺菌」と謳うことができます。

薬事法に基づき、「殺菌」と表示できるのは、消毒剤などの「医薬品」や、薬用石けんなどの「医薬部外品」のみ一般の洗剤などに殺菌効果があったとしても、「除菌」と表示されています。

滅菌」とは

滅菌とは、有害・無害を問わず、すべての菌(微生物やウイルス含む)を死滅・除去すること

日常生活ではあまり耳にする機会はありませんが、 菌の除去率で言えば最強だといえます。 病院での手術器具や注射などに滅菌処置がされます。これは国際的に採用されている定義ではっきりと決まっていて、菌やウイルスなどの残量が100万分の1になることをもって滅菌とされています。

「抗菌」とは

抗菌は 菌の繁殖を抑える効果のこと

抗菌は細菌を除去したり殺したりする効果はなく、菌が住みにくい環境をあらかじめつくることを意味します。これも対象となる菌や、菌の量、範囲などの詳細な定義はありません。

「薬用」とは

石けんやハンドソープ など「薬用」と表示されているものは、医薬部外品を意味します。 「医薬部外品」 には有効成分が配合されており、「化粧品」と「医薬品」の間に位置づけられています。医薬部外品は、症状の予防や、衛生が目的です。

石けんやハンドソープ の手洗いだけでウイルスは 1万分の1 に

手や指についたウイルスの対策は、洗い流すことが最も重要です。手や指に付着しているウイルスの数は、流水による15秒の手洗いだけで1/100に、石けんやハンドソープで10秒もみ洗いし、流水で15秒すすぐと1万分の1に減らせます。

新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について(厚生労働省・経済産業省・消費者庁特設ページ)

まとめ

「消毒」…菌を無毒化する

「除菌」…菌の数を減らす

「殺菌」…菌をある程度死滅させる

「滅菌」…菌を完全に殺す(100万分の1以下)

「抗菌」…菌の繁殖を防ぐ

いかがでしたか。アルコール消毒液やせっけんなど、店頭で商品を選ぶ際の目安にしてみてください。

以上で「消毒と除菌の違いとは?!」をお届けしました。

皆様のお役に立てたらうれしい限りです。

ぜひ、引き続きよろしくお願いします。

お仕事探しはお仕事カバーまで↓↓
https://www.aocjob.com/
異業種(飲食店・ホテル・不動産・カフェ・雑貨・靴屋・アパレル・営業・保育園・事務・Web・美容室・旅行代理店・アミューズメント・ドラッグストア・スーパー・レンタルショップ・工場・介護士・看護士・運送など)で働いていた方も大歓迎!!

お電話での受付は↓↓お間違いないようにおかけください。
0120-43-9239

24時間受付中のWeb応募も便利です↓↓ https://www.aocjob.com/entryform.php