登録販売者とは?実際のメリット・デメリット

みなさん、こんにちは!

エー・オー・シー人材開発室です。

今回は今取得者が増えてきている登録販売者について解説します。

登録販売者は、医薬品のスペシャリストとして幅広い分野で需要が高まっています!

登録販売者とは

登録販売者は、一般用医薬品の中の 「第二類医薬品」 と「第三類医薬品」を扱うことができる資格です。 登録販売者が扱うことができる「第二類医薬品」「第三類医薬品」は、ドラッグストア等で扱う医薬品の9割以上を占めています。

業務としては医薬品の販売や、お客様からの薬に関する相談対応、アドバイス、また副作用や効能の説明も重要な業務になります。

適切に使用していただくための幅広い医薬品の知識が必要とされるお仕事です。

登録販売者と薬剤師の違いは?

薬剤師

国家資格を持った薬の専門家です。医療用医薬品、要指導医薬品、「第1類医薬品」を含めた、すべての医薬品を取り扱うことができます。

登録販売者

都道府県知事が資格認定した、薬の専門家です。「第1類医薬品」を除く一般用医薬品を取り扱うことができます。

医薬品の分類

第1類医薬品

副作用、相互作用などの項目で安全性上、特に注意を要するもの。店舗においても、生活者が薬剤師の説明を聞かずに購入することがないよう、すぐには手の届かない場所に陳列などすることとされています。

第2類医薬品

副作用、相互作用などの項目で安全性上、注意を要するもの。またこの中で、より注意を要するものは指定第2類医薬品となっています。第2類医薬品には、主なかぜ薬や解熱剤、鎮痛剤など日常生活で必要性の高い製品が多くあります。

第3類医薬品

副作用、相互作用などの項目で、第1類医薬品や第2類医薬品に相当するもの以外の一般用医薬品。

活躍できる職場は?

調剤薬局をはじめ、ドラッグストア、医薬品コーナーがあるスーパーやコンビニ、ホームセンター、家電量販店など様々な職場で活かせる資格です。

特にドラッグストアが日本全国に増加している昨今、転職に困ることがないのではないでしょうか。

メリット・デメリット

メリット

  • 医薬品の基本的知識が身につく 。
  • 景気に左右されにくく長期的に安定した職種に就ける。
  • 勤務先は多岐にわたる為、家の近くでも見つけやすい。
  • 正社員、契約社員、パートなど働き方の選択肢が多い。
  • キャリアアップ や収入アップにつながりやすい。

デメリット

  • 接客が主な仕事でもあるため、 コミュニケーションが苦手な方には難しい。
  • 品出しやレジ打ちなどを任されることもあり、業務時間中は基本的に立ち仕事になる。
  • 医薬品の販売では、薬の併用などにより人体に影響を及ぼす場合もあり対応時は慎重に行う必要がある。

登録販売者になるには?

各都道府県で実施される試験に合格したのち、都道府県知事の登録を受けることで認められます。学歴や実務経験などの制限はなく誰でも挑戦することができる資格です。しかし試験に合格したのち登録販売者として一人前になるには、 直近5年間に2年以上(月80時間以上)の実務経験が必要です。

また医薬品販売をする場合は外部研修が必要 で、1年間に計12時間以上の外部研修、これを毎年継続しなければなりません。

どんな人が向いてる?

医療や薬学に興味のある人はもちろん、将来的に店舗管理の仕事をしてみたい、といったキャリア志向の高い人や、家の近くで働きたい、短時間で働きたいという主婦の方にも向いています。 また、登録販売者は、市販薬を購入するお客様のニーズを聞き、困っている点や疑問点を解決するコミュニケーション能力が求められます。 接客や対話が苦手な人には不向きともいえます。

試験の合格率は?

登録販売者は、全国の受験者が同じ試験を受ける国家資格とは異なり、各都道府県が独自の試験で判定を行う公的資格です。そのため、難易度や合格率が都道府県によって異なります。

全国的な合格率は例年45%前後。しかし2019年の例でみると、合格率の高い北海道は64.3%と東北地方が60%台なのに対して、埼玉県は23.4%と関東では低い水準です。都道府県ごとにかなり差が大きいと言えます。

出題範囲は厚生労働省で決められており、 合格率が高いから簡単というわけではなく、しっかり受かるレベルで受験しているかということで差が出ているのかもしれません。ちなみに 都道府県をまたいで複数回受験することも可能です 。

まとめ

登録販売者の資格に有効期限はなく、一度取得してしまえば一生ものとなります。

今後もドラッグストアにおける登録販売者の雇用は増していくと見られています。 医薬品業界は景気に左右されにくいため、安定した仕事に就きたい方も、ぜひこの機会に登録販売者を目指してみてはいかがでしょうか。

以上で「登録販売者とは?メリット・デメリットについて」をお届けしました。

皆様のお役に立てたらうれしい限りです。

ぜひ、引き続きよろしくお願いします。

お仕事探しはお仕事カバーまで↓↓
https://www.aocjob.com/
異業種(飲食店・ホテル・不動産・カフェ・雑貨・靴屋・アパレル・営業・保育園・事務・Web・美容室・旅行代理店・アミューズメント・ドラッグストア・スーパー・レンタルショップ・工場・介護士・看護士・運送など)で働いていた方も大歓迎!!

お電話での受付は↓↓お間違いないようにおかけください。
0120-43-9239

24時間受付中のWeb応募も便利です↓↓ https://www.aocjob.com/entryform.php