工場求人でよく見る『プレス加工』って何?

こんにちは!

北陸(石川・富山・福井)を中心に東海(愛知・静岡)滋賀などで軽作業系など工場・技術職への人材サービスを展開するエー・オー・シーの人材開発室です。

私たちはお仕事を通して、少し人生を変えたい・豊かにしたいと考えている皆さんを 全力サポートさせて頂く会社です。

このブログではお仕事をこれから探す方、今お仕事をされている方にとって、 お仕事選びや働き方、工場で働く魅力や本音をお伝えさせて頂きます!

今回は「プレス加工」についてお伝えしたいと思います。

金属などの加工を行う工場では「プレス加工」という作業を行います。プレス(press)は「圧力をかける」という意味で、パーツを成形するのに欠かせない工程です。

プレス加工業務の詳しい内容や仕事に就くメリットとデメリット、向いている人についてご紹介します。

●工場のプレス加工業務とはどんな仕事?

プレス加工とは、被加工材(加工する材料)を金型で挟んで圧力をかけ、成形する加工法です。プレス加工にはプレス機、金型、被加工材の3つの要素が必要となります。

プレス加工で扱う被加工材は主に鋼やアルミニウムなどの金属板です。それを上下の金型に挟んでセットし、プレス機で圧力を加えることで、金型の形状に合わせて加工します。金型の形に抜いて切断したり、穴をあけたり、曲げて成形したりとさまざまな加工ができます。

プレス加工で作られる製品もさまざまです。繊細な加工にも向いているので、作られるもののサイズも多岐にわたります。自動車の車体やドア、エアコンや冷蔵庫など家電製品のボディといった大きなものから、機械に内蔵される部品、数センチという大きさのICチップに至るまでプレス加工で作り出されています。

日本のプレス加工技術は世界でも高く評価されていて、海外から注文が入ることもあります。プレス加工を専業とする中小メーカーが全国に数多くあり、ものづくりを支えています。プレス加工は日本のものづくりの要とも言えるでしょう。

●プレス加工の特徴

プレス加工では製品を作るときに専用の金型を作成するところから始めます。金型が完成すれば、あとは作業のほとんどを機械が自動で行います。専用金型があれば1回のプレスで加工が済むので、加工にかかる時間が短く生産性が高いのが特徴です。

作業員のスキルに関係なく安定した品質の製品を作れるというメリットもあります。その点は板金加工など、職人の技量に製品の出来が左右される加工法とは異なります。

ただし、専用の金型を作成するには時間と費用が掛かります。一度金型を作成してしまえば生産性が高いですが、その前段階として初期投資が必要になります。また完成した金型の形状を変えるのは難しく、汎用性がないため、生産量が少ないと損失が出てしまいます。

そのためプレス加工は、長期的な大量生産に向いているのです。

●プレス加工のお仕事を選ぶメリット・デメリット

まずはプレス加工のお仕事の魅力をご紹介します。

ものづくりに携われる

日本のプレス加工は世界に誇る技術です。金属板を自分の手でパーツに加工し、それが製品となって出荷されるという達成感はプレス加工業務ならではと言えます。

海外に輸出される製品に関わることもあるかもしれません。世界に通用する技術に触れられるのもやりがいになるでしょう。

未経験から始められる

前述の通り、プレス加工は機械が自動で行う部分が多く、作業員によって品質にばらつきが出ないという大きなメリットがあります。熟練の職人でなくても、品質を一定に保つことができるのです。

ですのでプレス加工の仕事を始めるのに、特別なスキルや資格は必要ありません。基本的には、金型に被加工材をセットしてプレス機を稼働させるのを繰り返す単純作業となります。

資格取得でキャリアアップ

プレス加工は関連資格が数多くあります。始めること自体には資格は必要ありませんが、資格を取得することでキャリアアップを目指すことができます。

需要の高い資格の一つが「プレス機械作業主任者」です。プレス機の保守点検やプレス工程の作業指揮など安全管理に関わる業務が行えるようになる資格で、実務経験が5年以上あれば受験できます。プレス機を5台以上所有している工場は、この資格を持っている人を1名配置することが法律により決まっています。

他にも「金属プレス加工技能士」「プレス金型取替作業者」などの資格があります。

次にプレス加工のお仕事のデメリットとは?

体力、集中力がいる

立ち仕事で、金属板をセットする工程があるので、体力が要ります。ただし重量物を扱う仕事ではないので、腕力のある若い人にしかできないという訳ではなく、幅広い年代が活躍しています。

さらに必要となるのが集中力です。同じ作業の繰り返しですが、セットした被加工材がずれてしまっていた、という事がないように気をつけないといけません。正確な作業を続けるために、集中力のキープが求められます。

騒音が大きい

工場では金属の加工音が大きく鳴り響いています。金属に穴を開ける音等は轟音と言ってもよいほど大きく、工場によっては耳栓が義務付けられています。そのような工場では支給してもらえますが場合によってはご自身で用意が必要となる為事前に勤務先に確認するといいでしょう。

またプレス機が熱を持つため作業場が暑くなることがあります。作業環境が気になる人は、事前に見学を申し出るなどして確認するとよいでしょう。

安全に気をつけないといけない

金属板を変形させるほどの強い圧力をかけるプレス機は、扱いを間違えるととても危険です。近年は安全対策が進んできていますが、それでも安全を意識しながら作業をしないと事故につながってしまいます。作業に慣れてきても気を抜かず、手元や身の回りに注意して作業工程をきっちり守る姿勢が大切です。

●工場のプレス加工業務に向いている人

集中力、忍耐力がある人

工場での仕事は同じ作業を繰り返すルーチンワークになることがよくありますが、プレス加工業務も基本は被加工材をプレス機にセットしてボタンを押す作業の繰り返しとなり、正確な作業を長時間繰り返す忍耐が必要となります。集中力を一定に保って黙々と作業に打ち込むことが苦にならない人に向いています。事故を防ぐという観点からも集中力は大事です。

ものづくりが好きな人

プレス加工の仕事は、日本の製造業の要である技術に触れることができるというのが何といっても魅力です。ものづくりの工程に携わりたい人にはやりがいのある仕事でしょう。経験を積んで資格を取得すれば、現場の責任者になるなどステップアップを目指せます。

プレス機を操作する仕事なので、機械作業が好きな人にも向いています。

●まとめ

プレス加工は日本の製造業の基盤とも呼べる仕事です。海外での需要も高いものづくりの仕事に携われるという充実感はやりがいにつながるでしょう。金属加工を行う多くの業種で募集があり、機械で自動化されている部分が大きいので、体力がある程度あれば年齢を問わず就業することができます。 是非お仕事選びの参考にしてみてくださいね。エー・オー・シーではプレス加工のお仕事や工場・製造業のお仕事を多数ご紹介させていただいております。是非お気軽にご相談ください。

以上で、「プレス加工」についてお伝えさせて頂きました。
皆様のお役に立てたらうれしい限りです。
ぜひ、引き続きよろしくお願いします。

お仕事探しお仕事カバーまで↓↓
https://www.aocjob.com/
毎日1000件近いお仕事で皆様からのご応募をお待ちしております。
お電話での受付は↓↓お間違いないようにおかけください。
0120-43-9239
24時間受付中のWeb応募も便利です↓↓
https://www.aocjob.com/entryform.php

★LINEからも受付中★ こちらの公式LINEからお問い合わせください。 https://line.me/R/ti/p/%40wvk7322n