工場での立ち仕事、不安なんですけど・・・?

こんにちは!

エーオーシー人材開発室です😃

工場では基本立ち仕事での作業がほとんどです。

立ちっぱなしと言うと大変そうに聞こえますが、慣れれば意外と気にならず、長く続けられている方がたくさんいらっしゃいます。今回は工場勤務の立ち仕事についてご紹介します。

工場は立ち仕事が基本!でも部署によっては座れるところも

立ち仕事には大きく分けて2種類あります。

・その場で立ったまま作業する(ライン作業・検査など)

・立って動き回りながら作業する(製造・機械オペレーター・ピッキングなど)

座り作業が多い職種としては、小さく軽い製品の検査や組立があります。

座り作業では、取り扱う部品が小さく力仕事が少ないため、女性や体力に自信のない方に人気がありますが、検査や手元での細かい作業は、座りっぱなしによる腰痛や肩こりが、顕微鏡など目を酷使する作業では、眼精疲労といった問題もありますので、いちがいに座り作業の方がラクとも言い切れません。

立ち仕事での足のむくみ・痛みの解消方法

ライン作業など立ちっぱなし作業では、血液が循環しないので疲労物質がどんどん溜まってしまいます。

女性だと、むくみが気になること方も多いのではないでしょうか。むくみを放置しておくと、下肢静脈瘤といった病気を引き起こす原因にもなりかねません。立ち仕事による足の痛みを軽減させるには血液の循環を正常にすることが重要になってきます。

休憩時間にはストレッチや、かかとを上げ下げしたり、足の疲労やむくみを解消するようこまめに体を動かしましょう。

身体を伸ばすだけで精神的にもスッキリします。また簡単にできる対策として、お風呂にゆっくり浸かる、就寝時は足を少し高くして眠る、など翌日に疲れを持ち越さないことが負担なく続けられるコツです。

作業靴が私物の場合は、クッション性の高い中敷を敷くだけでも、足や足裏の痛さを軽減することができます。

↓腰痛になりやすい方はこちらの記事もチェック!↓

立ち仕事が腰痛の原因?知って得する予防法

最後に

立ちっぱなしの作業でも特に重いものを取り扱うことが多い職場では、仕事内容をよく確認することをおススメします。

働き始める前に職場見学ができるところなら、仕事を選ぶ際の失敗も少ないでしょう。

そしてその日の痛みをその日のうちに解消するように努めると立ち仕事に慣れるのも早いのではないでしょうか。

立ち仕事に慣れた人では「座り仕事の方がキツイ」という声もあるほど人それぞれなので、案外自分に合っていたということもあるかもしれません。

立ち仕事がOKであれば仕事の選択肢もぐんと広がりますよ(^^♪

以上で「工場での立ち仕事、不安なんですけど・・・?」をお届けしました。
皆様のお役に立てたらうれしい限りです。
ぜひ、引き続きよろしくお願いします。

お仕事探しお仕事カバーまで↓↓
https://www.aocjob.com/
毎日1000件近いお仕事で皆様からのご応募をお待ちしております。
お電話での受付は0120-43-9239まで、お間違いないようにおかけください。

24時間受付中のWeb応募も便利です↓↓

https://www.aocjob.com/touroku/