一般事務と営業事務の違いって何?【事務に必要なスキルとは】

こんにちは!北陸(石川・富山・福井)を中心に東海滋賀などで、軽作業系など工場への人材サービスを展開するエー・オー・シーの人材開発室です。

今回は、登録の際に

「一般事務と営業事務の違いって何ですか?」

「私がしてた事務の仕事は営業事務になるんですか?」

といった質問をよくいただくので『一般事務』と『営業事務』の違いについてお話させていただきます。

「一般事務」と「営業事務」の違い     

細かい業務内容は職種や企業によって様々ですが、一般的には

一般事務は企業全体のサポート役
営業事務は営業担当のサポート役

というように、営業事務の仕事が営業担当者のサポートであるのに対して、一般事務の仕事は、部門を限定せず幅広い事務をおこなう傾向があります。

一般事務とは

電話対応、メール対応、来客対応、資料等の書類作成、郵便物の仕分けや発送準備、ファイリング、郵便物の仕分けなど、各職場の仕事が円滑に進むように、裏方としてサポートするお仕事です。

電話での応対や来客時など、社外の人と関わることも多くなるため、最低限のビジネスマナーが必要になります。一般事務として働いているとパソコンのスキルはもちろん、ビジネスマナーや事務処理能力が身につきます。

営業事務とは

受発注対応、在庫・納期管理、見積書や伝票、請求書の作成、スケジュール管理、データ入力、電話対応、メール対応、来客対応など、企業によっては事務ですが、営業のサポートとして企業先に同行することもあります。

営業事務は営業活動に付随する事務処理を行います。営業担当が、取引先との交渉や関係性の維持に専念するために、営業事務がサポートする役割のため、「営業サポート事務」や「営業アシスタント事務」と呼ばれることもあります。

状況判断や、臨機応変に顧客に合わせた対応が必要となるため、一般事務より専門性がやや高い仕事になります。

その他の事務の種類

経理事務

会社が行なっているお金のやり取りが正確に処理されるように、帳簿の作成、経費の精算、伝票の処理、現金の出納(支払い・受取り)、書類作成・チェック・整理などをするお仕事です。

総務事務

会社の運営に必要なものを準備・管理するお仕事です。企業によっては、人事事務や労務事務を統合して総務事務とされている場合もあります。備品・設備の管理、イベントの運営、オフィスや建物の防犯・防災対策、社員の入社や退職、異動に関する各種保険の手続き、名簿の整備・管理、勤怠状況の管理、労災の手続き、また出張精算や給与計算など経理事務的な業務も含まれることがあります。

その他にも、人事事務、労務事務、医療事務、学校事務、法務事務、受付事務、広報事務、秘書などに分けられます。

事務に必要なスキルは?

事務ではパソコン操作が中心となりますので、WordやExcelの基本操作は使えるようにしておくと良いでしょう。また、秘書検定を取得しておくと、適切なサポートのしかたが分かりますし、ビジネスマナーや接遇などの知識も得られます。

さらに、簿記3級以上の資格があれば、伝票の集計や管理もスムーズになると考えられます。他にもPowerpointやアクセス、イラストレーターやフォトショップが使えるとより仕事の幅が広がり就職や転職の際にも有利です。
キャリアアップの意志があれば、仕事の幅を広げ専門的な事務の道に進んでいくこともできるでしょう。

まとめ

一般事務や営業事務の求人は倍率が高い傾向にありますその際にコミュニケーション力や基本的なパソコンスキルなど、即戦力となるスキルがあれば採用に有利になるでしょう。

職種や会社によって事務の業務は様々なので、事務の仕事を探す際は職種タイトルに惑わされず、しっかり業務内容を確認しましょう。

以上で「一般事務と営業事務の違いって何?【事務に必要なスキルとは】」をお届けしました。

皆様のお役に立てたらうれしい限りです。

お仕事探しお仕事カバーまで↓↓
https://www.aocjob.com/

お電話での受付はお間違いないようにおかけください↓↓
0120-43-9239

24時間受付中のWeb応募も便利です!

 https://www.aocjob.com/entryform.php