工場や製造の求人でよくみる求人【検査】の仕事についてまとめてみた!

みなさん、こんにちは!

AOC人材開発室です

今回は、電子部品工場、機械工場、食品工場、どの工場でも必ず行われる「検査」について解説したいと思います!

不良品を出さないため、加工後の検査、機械から出てきた部品の検査、電気が通るかの検査、異物がついてないかの検査、出荷しても問題ないかの検査などなど、作り始めてから完成までいくつもの検査を通過して、はじめて出荷することができます。

そもそも検査とは?

【工場の検査】

お客様の受注通りに機械を使って加工したり、色を塗ったり、電気を通すために電子基板に部品を付けたりなど、色々な工程を経て製品が出来上がります。

・顕微鏡検査

電子や半導体を扱う工場に多く、学生時代に使った顕微鏡を使用して、小さな部品に傷や欠け、部品と部品がしっかりくっついているか検査します。

・拡大鏡検査

小さな部品が沢山ついている基板につけ忘れがないか、拡大鏡(大きな虫眼鏡のようなもの)を使って検査をします。

・目視検査

製品の外観に傷や色むらなどが無いか、何も使わずに自身の目だけで検査をします。

・通電検査

組み立てられた電子部品に電気が通るか機械を使って検査をします。

・モニター検査

工場によっては小指の爪の1/6ほどの電子チップや、砂に近い電子チップなどを作っている工場もあるため、機械で不良品と分けられたチップがモニターに拡大して表示されるので、傷が規定内かを検査します。

24時間受付中のWeb応募はコチラ

検査のお仕事を選ぶメリットとは

【検査のメリット】

検査の仕事は特別な資格や経験がなくてもできるものが多く、初心者でも活躍できる職場が多いのが特徴です。

難しい機械操作や重労働がなく、人と接する作業が少ないのでコミュニケーションが苦手な方にもメリットといえます。

【検査のデメリット】

検査で大変な部分といえば目が疲れやすいということです。

製造のお仕事は生産する数が決まっているため、1日で何百個~何千個を検査することもあるため、目が疲れるのは当然かもしれません。

その他にも、同じ体制で作業するため肩や首が痛くなるということがあります。同じ姿勢のままで長時間の作業になりますので、どういう風にすれば楽に作業が進められるか工夫するのがポイントです。

 

以前は検査といえば座り作業が一般的でしたが、今では立ち作業が主流となっています。座り作業を希望している場合は、確認が必要です。

 

24時間受付中のWeb応募はコチラ

まとめ

検査の仕事は、派手な仕事ではありませんが、ちゃんとした製品や商品を出荷するために、なくてはならない存在です。どんな工場にも検査の工程があり、作る製品や部品が違えど、検査スタッフは黙々と目標数目指して日々検査業務を行います。自分に合っているかもと少しでも思ったら、下の求人情報をチェック!

 

【当社新人社員がYouTubeにてわかりやすくお仕事情報を多数解説中】

ぜひ、ご覧ください♪

AOC公式YouTube

 

以上で、「工場や製造の求人でよくみる求人【検査】の仕事についてまとめてみた!」についてお伝えさせて頂きました。
皆様のお役に立てたらうれしい限りです。
ぜひ、引き続きよろしくお願いします。

お仕事探しお仕事カバーまで↓↓
https://www.aocjob.com/

毎日1000件近いお仕事で皆様からのご応募をお待ちしております。
お電話での受付は↓↓お間違いないようにおかけください。
0120-43-9239
24時間受付中のWeb応募も便利です↓↓
https://www.aocjob.com/entryform.php